Read Article

ビズストームとは?

 経営の疑似体験で学び・鍛える、本格的ビジネスゲーム

「ビズストーム」は、経営を模したゲームをプレイすることで、ビジネスに必要な要素を体感的に学び、実践につなげられる研修用のビジネスゲームです。
1人が1社を経営し、研究開発や広告営業などをしながら経営資源を蓄積し、市場に挑みます。

対象者

新入社員から経営者まで、経営やビジネスについて理解を深めたい人

人数

4~6人を1卓としてプレイします。キットがあれば複数卓の実施が可能ですので、4名以上であればどんな人数でも実施可能です。
人数が多い場合はサブ講師が必要となる場合があります。

プレイ時間

簡単な講義+上級バージョン(8期)で4時間~実施できます。経営をしっかり学ぶ研修としては、6時間以上をお勧めします。
中級バージョン(5期)の場合は、3時間程度で実施可能です。

主に学べる内容

・マーケティング
市場の選択、競合への対応、価値創造、価格設定
・マネジメント
経営資源の配分、人材の使い方、時間の使い方、資金管理、リスクへの対応

whats01


ビズストームの特長

whats01 経営の疑似体験ができるシミュレーションゲームなので、レクチャーやワークの組み合わせ次第で、幅広い層に役立つ研修を組み立てることができます。数字はシンプルなので数字が苦手な方もプレイできます。
whats01 財務やコミュニケーションを重視する既存のビジネスゲームと異なり、現代において重要な市場や競合に関する戦略など経営戦略やマーケティングを重視しています。
whats01 開発者は元ゲームクリエイターの経営コンサルタント(中小企業診断士)。
ゲームソフト開発のノウハウを無数に取り入れ、ゲームとしても楽しめるものとなっています。
whats01 総合的なビジネスゲームは、複数日使うものも少なくありません。
ビズストームは半日程度から取り入れることができます。(推奨は4時間以上)

~推薦の声をいただきました~

ビズストームは、システマティックに経営全般の動きを実感できる大変優れた内容のものです。
関西学院大学の講義に取り入れたところ、学生たちは講義や書籍からでは理解できない「経営の動的なしくみ」を把握し、生き生きと参画していました。
実務に携わるビジネスパーソンだけでなく、経営を学ぶ大学生にとっても非常に有効で楽しい学習ツールであると推薦いたします。

関西学院大学 専門職大学院
経営戦略研究科 教授
研究科長 定藤繁樹

 

Return Top