経営センスを鍛えるビジネスゲーム、ビズストーム

導入事例:海外

ビズストームは、経営を模したボードゲームをプレイすることで、ビジネスに必要な要素を体感的に学び、実践につなげられる研修用のビジネスゲームです。
ゲームのレクチャーやワークの組み合わせ次第で、学生やインターン、新入社員から経営者まで幅広い層に役立つ研修を組み立てることができるので、大学、企業研修、商工会議所など、多様な機関や業種での研修でご採用いただいています。 こちらでは導入事例の一部をご紹介しております。

絞り込み

[海外]ベトナム日本人材協力センター経営塾 様(2017)

【業種】限定なし

【対象】ベトナム人事業経営者

【研修提供】株式会社リープブリッジVJパートナー

昨年初めて、ベトナム日本人材協力センター「VJCC」が実施するODAプロジェクト「経営塾」の中で、経営シミュレーションを学ぶツールとして「ビズストーム」を実施し、好評につき、今年は「ビズストーム」本格的実施となりました。...続きを読む

[海外]ベトナム日本人材協力センター経営塾 様(2016)

【業種】限定なし

【対象】ベトナム人企業経営者

【研修提供】リープブリッジVJ中小企業診断士事務所

ベトナム日本人材協力センター「VJCC」が実施するODAプロジェクト「経営塾」の中で、経営シミュレーションを学ぶツールとして「ビズストーム」を実施しました。ビズストームもこのプロジェクトに賛同し、この機会に合わせて英語版ツールをリリースするなど、全面的に協力をし、海外初のビズストーム研修開催となりました。...続きを読む

Return Top