経営センスを鍛えるビジネスゲーム、ビズストーム

Read Article

徳島県立農林水産総合支援センター農業大学校様

農業大学校の経営戦略論の講義でビジネスゲームを導入

研修提供: 合同会社ひまわりマネジメントサポート

                長尾辰彦

受講者  : 大学2年生

時 間  :3時間(8:50~12:00 10分休憩 90分2コマ分)

 

徳島農業大学校から経営に関する講義を依頼され、その中の一部のコマでビズストーム5期を実施しました。

1.ビジネスゲーム 「ビズストーム」導入の背景

ゲーム研修だから興味を持ってもらいやすい!

大学より1年生「6次産業化概論」と2年生「経営戦略論」の講義を依頼されました。

農業大学ということで、「経営戦略」そのものに関心が薄い学生もいることが想定されたため、興味をもってもらえるような工夫が必要でした。

そこで、2年生「経営戦略論」の中でビズストームを導入することにしました。

2.ビズストームのカリキュラム

マーケティングを学んでからビジネスゲームで経営を体感

「経営戦略論」のシラバスは次の8項目で計画しました。

①企業の目的 ②事業コンセプト ③価格戦略 ④商品力 ⑤販売力 ⑥会計・財務知識 ⑦事業計画 ⑧チャレンジ精神 

8コマの講義(1コマ90分)のうち、5、6回目の講義でビズストームを組み込みました。

その前の3、4回目の講義で、マーケティング・商品力に関する講義を行って、ビズストームへの導入をできるだけスムーズに行えるように工夫しました。

ビズストームのゲームプレイは、当初は2日にまたがって実施する予定でしたが、大学から2コマ連続での実施を許可していただけたため、まとまった3時間を使うことができました。

 

ビズストームのライセンスに関しては、「大学向けパッケージ」を活用しました。

これは公式テキストを学生が購入することで、5期分のプレイチケットがつくというものです。

大学側に相談したところ快諾いただけたので、ライセンス面でも問題なく実施できました。

3.研修風景

楽しく熱心に参加

参加人数は17名 (6名、6名、5名の3グループ)での実施となりました。

経営戦略への関心の低さから、どれくらい「ビズストーム」を真剣にやってくれるかは疑心暗鬼でしたが、結果的には、非常に熱心に取り組んでいただけました。

その他、次のような特徴が見られました。

・ルールについての説明を真剣に聞いてくれました。

・意外と、市場調査のカードに興味を示し、多くの学生が早い段階から連続して利用していました。

・「借り入れをしてまでの経営はしない」など、独自のこだわりを押し通す学生も見られました。

・期が進むにつれて熱が入り、1つの期にかける時間が増していきました。10分→15

・会計についての計算を丁寧にできていない人が目立ったので、多くの時間をかけて見回りました。

 

4.研時間修の効果

「もっとやりたい」の声

結果としてとても熱心に取り組んでもらえました。

終了後は、学生より8期やりたい等の声があがりました。キットを購入できないかという問い合わせもあったほどです。

残すところ講義はあと2コマです。「ビズストーム」を活かしての工夫を考えているところです。

(合同会社ひまわりマネジメントサポートhttps://nagao-ms.com/ 長尾辰彦)

その他の導入事例

Return Top