経営センスを鍛えるビジネスゲーム、ビズストーム

Read Article

一般社団法人 奈良経済産業協会 青年経営者部会様

青年経営者部会の例会で、経営力とマーケティング力を磨く体験型研修を実施

研修提供: 株式会社ロジヤ
    メイン講師  板垣 大介 (ビズストーム認定インストラクター)
    アシスタント 山本 利映 , 松尾 健治 , 楠田 貴康(ビズストーム認定インストラクター)

業 種  : 地域経済団体

受講者  : 中小企業の若手経営者・後継者

時 間  :4時間(上級8期)

 

奈良経済産業協会の青年経営者部会の3月例会として、「経営力とマーケティング力を磨こう」をテーマに、ビズストームを使って経営を俯瞰的に学んでいただきました。

1.ビジネスゲーム 「ビズストーム」導入の背景

奈良経済産業協会の青年経営者部会では、毎月の例会を各委員会の持ち回りで企画されているとのことです。講演という形ではなく参加型のビジネスゲームを使って例会をできないかとの、3月例会担当の委員会での検討の中で、ビズストームをご採用いただきました。

2.ビズストームのカリキュラム

3月例会が開催された後に、ビズストームのフルバージョンである初級3期と上級8機を実施するとともに、簡単なレクチャーを組み合わせて学びを促進するプログラムとしました。

講義は、若手経営者・後継者の方向けでもあることから、「経営者に必要なマインド」、「会計知識との関係」、「事業計画とPDCA」、「経営戦略とマーケティング」とビズストームの講義カリキュラムを短時間の中に盛りだくさんでレクチャーさせて頂きました。

また、経営戦略という点では、注目を浴びている「事業再構築補助金」について、アンゾフの成長戦略とビズストームでの学びの関係性についてお伝えいたしました。

<プログラム>
[講義] ビジネスゲームとは
[講義] 経営者に必要なマインド
ビズストーム初級(3期)
[講義] 会計知識との関係
[講義] 事業計画とPDCA
ビズストーム上級(8期)
[ワーク] 振り返り
[講義] 経営戦略とマーケティング

3.研修風景

コロナ禍での開催ということもあり、受付での検温と手指消毒にマスク着用に大型の空気清浄機をご準備いただき換気なども気をつかい、感染症対策にご協力を頂きながらの実施でした。

初級のルール説明をしながらのゲームでは、ゲームルールの理解もそこそこに、一歩進んでいかにゲームに勝つかに焦点があたっていたのが印象的でした。その分、ゲームルールの理解に不安を感じましたが、そこは流石の若手経営者・後継者の皆さまで、あっという間にルールを理解してキャッチアップされていました。

上級では、初級と上級の間での講義をさっそく実践されている様子や、各々の戦い方について意見交換をされているのが印象的でした。

上級の期が進むにつれて、ゲームはヒートアップしていき、とある期の市場ボードがオープンになった際には、歓声が上がるほどでした。
ゲーム中は、各テーブルでコミュニケーションをとり協力しながら進められており、若手経営者部会の皆さまが普段から関係性が築かれていることを感じることができました。

今回の例会は3月の期末ということもあり、遅れて参加される方もいらっしゃり、担当委員の方が遅れて参加された方でもゲームに参加できるようフォロー体制を万全に取り組まれており、そんなところも普段の関係性が垣間見れる部分でした。

4.研修の効果

なかなかリアルで集まることが出来ない中で、今回、ビズストームを通して若手経営者部会の皆さまが、久しぶりに集まり親交を深められたことは、非常に良い機会であったと感じました。

今回、ビズストームを体験頂くことで、将来の予測が困難な中でいかに経営者として意思決定をしていくべきなのかについて、考えるきっかけになっていただけたと思います。

 

経営者だけでなく、新入社員から幹部社員まで幅広く学びがあるのがビズストームです。社内のコミュニケーションの活性化も期待できます。 ぜひ、一度ご検討ください。

(株式会社ロジヤ 板垣大介)

その他の導入事例

Return Top